【御意見】人民新聞編集長弾圧事件の一審判決と控訴趣意書【募集中】

2018年11月15日(木)15:48

 2017年11月21日,人民新聞編集長が詐欺罪で逮捕されました(現在は釈放されています)。
 「キャッシュカードを第三者に利用させる意図であったのにこれを秘し」キャッシュカードの発行を申請し交付を受けたことが詐欺罪だと言うのです。
 私は弁護人の一人に就任し,「編集長がキャッシュカードを送ったのは代理人であり第三者ではない」と主張し無罪を訴えたのですが,残念ながら一審・神戸地裁では有罪とされました(懲役1年,執行猶予3年)。
 私は控訴審の弁護人に就任し,控訴趣意書を作成,提出しました。大阪高裁での審理は13日に終え,判決は12月11日15時とされました。

 人民新聞編集長に対する詐欺罪での逮捕起訴は,日常にありふれた行為を犯罪とするものであり,国家権力による弾圧であって,断じて許されません。
 そこで,神戸地裁一審判決と弁護人作成控訴趣意書を公開します。ご一読頂き,御意見を頂戴頂きたく思います

 ○人民新聞編集長弾圧事件・一審神戸地裁判決文(クリックするとPDFで開きます)

 ○人民新聞編集長弾圧事件・控訴審大阪高裁弁護人作成控訴趣意書(クリックするとPDFで開きます)



 お読みになった上でのご感想などは,弁護士橋本太地にメール(thashimoto_lawyer@yahoo.co.jp)にお送り頂ければ幸いです

 どうかよろしくお願い申し上げます。

  |  

講演会の様子

カテゴリー