警察からの呼び出しに出向くと,そのまま逮捕されてしまうのですか?

2017年01月15日(日)14:25

警察から任意同行・出頭の要請を受けたからといって,必ずしも逮捕されるわけではありません。
警察が任意出頭を要請する理由としては,被疑者や参考人として事情を聞くために呼び出す場合と,逮捕を予定して呼び出す場合があります。

後者については,すでに逮捕状が出ていても,警察署の刑事が被疑者の自宅を訪れて連行しようとすると,近隣の騒ぎや迷惑になる可能性があることから,このような事態を避けるために,任意出頭・任意同行という形式を取るという意味があります。

また,被疑者を逮捕した場合,警察は逮捕後48時間以内に,被疑者の身体と事件関係書類を検察へ送らなければならず(送検),手続には時間制限が設けられています。

この時間制限の制約を避け,事情聴取の時間を有効に使うために,まずは逮捕でなく任意で出頭させ自白を取ろうとすることも多いのです。

このような警察の出頭要請に対してご不安がある場合,弁護士が警察署へ付き添い,事情聴取に際してのアドバイスやサポートすることが可能です。
例えば,予め身元引受書や雇用契約書を用意し,逃亡の可能性がないことをがないことを示して,逮捕を免れることもあり得ます。

逮捕回避のためにも,まずは弁護士に相談してみましょう。

 

餅は餅屋というように、法律のスペシャリストである弁護士に任せるのが一番の近道です。
お困りのことがあれば大阪中央区の刑事事件に強い当事務所が力になります!どんなことでも、まずはお気軽にご相談ください。

 

1.逮捕・勾留から起訴されるまで(捜査段階)に戻る
刑事事件についてのQ&Aに戻る
刑事事件のご相談に戻る
トップページに戻る

 

  |  

講演会の様子

カテゴリー