家族が逮捕・勾留されています。差入れをしたいのですが,どんなものが必要なのでしょうか。

2017年01月15日(日)14:40

下着,衣服,ハンドタオル,歯ブラシ,本,雑誌,お金などがいいでしょう。お金は自分で必要なものを購入できます。

差入れに際しては,事前に警察署の留置係に電話をして,差入れできるものを確認しておくとよいでしょう。例えば,フードやゴム紐付きの衣服は自殺のおそれありとして差入れができなかったり、本・新聞の冊数や種類等についても制限があります。

また,接見禁止になっている場合は差入れできるものが厳しく制限されます。

接見禁止の場合,ご家族も面会できず,弁護人のみが接見できます。このような状況ですと,社会とのつながりが遮断された状態になるため,弁護士が接見してお話をすることで,ご家族の様子などがわかり,ご本人も安心することでしょう。

~もっと詳しく~

逮捕後の接見・差し入れ~接見は弁護士に相談しておくのがおすすめ~

 

餅は餅屋というように、法律のスペシャリストである弁護士に任せるのが一番の近道です。
お困りのことがあれば大阪中央区の刑事事件に強い当事務所が力になります!どんなことでも、まずはお気軽にご相談ください。

 

1.逮捕・勾留から起訴されるまで(捜査段階)に戻る
刑事事件についてのQ&Aに戻る
刑事事件のご相談に戻る
トップページに戻る

  |  

講演会の様子

カテゴリー