執行猶予中に,また罪を犯してしまいました。もう一度執行猶予になりますか?

2017年01月15日(日)15:33

原則として執行猶予にはなりませんが,1年以下の懲役・禁錮の言渡しを受け,情状に特に酌量すべきものがあるときには,再度の執行猶予になることがあります。

刑法25条2項は,執行猶予期間中に再び罪を犯してしまった場合であっても,
(1)1年以下の懲役・禁錮の言渡しを受け,
(2)情状に特に酌量すべきものがあるとき

には,再度の執行猶予にすることができると定めていますので,この場合には,もう一度執行猶予をつけてもらえる可能性はあります。

とはいえ,執行猶予期間中に再び罪を犯しているのですから,「情状に特に酌量すべきものがある」とはなかなか認めてもらえず,再度の執行猶予をつけてもらうことは非常に難しいといえます。

なお,執行猶予の期間中に保護観察に付されているときは,再度の執行猶予にすることはできません(同条2項但し書き)。

 

餅は餅屋というように、法律のスペシャリストである弁護士に任せるのが一番の近道です。
お困りのことがあれば大阪中央区の刑事事件に強い当事務所が力になります!どんなことでも、まずはお気軽にご相談ください。

 

3.判決後から執行猶予や仮釈放まで(刑の確定後)に戻る
刑事事件についてのQ&Aに戻る
刑事事件のご相談に戻る
トップページに戻る

  |  

講演会の様子

カテゴリー