記事一覧

刑事事件・お悩み解決情報

2017年03月18日(土)02:00
逮捕されたとき 示談にするには 不起訴処分をとるためには 保釈されるためには 執行猶予になるには 無罪を主張するためには   刑事事件のご相談に戻る トップページに戻る

記事を読む »

無罪を主張するためには

2017年03月24日(金)16:10
自分は無罪なのに幾つかの偶然が重なって拘束されてしまうケースもあります。 痴漢や虐待などさまざまな罪状で冤罪がみられますが、あなたやあなたの周りの人が巻き込 まれてしまう可能性もゼロではありません。 そこで、今回はもし巻き込まれても動揺しない無罪の証明方法についてみていきましょう。 無罪を主張するためには 冤罪でも有罪が確定すれば、職や人間関係など多くのものを失うリスクがあり、人生が大きく狂ってし・・・

記事を読む »

執行猶予になるには

2017年02月21日(火)15:31
執行猶予判決となれば実刑を受けてもすぐに刑務所に入る必要はありません。 猶予中は自宅へ帰り、これまで通りの日常生活を営むことができます。 しかし、ただ漠然と裁判を受けていても執行猶予判決がでる訳でなく、勝ち取るための対策が必要です。 そこで、ここでは執行猶予がつくための条件や、執行猶予のメリットについてお伝えします。 執行猶予が付く条件は? 執行猶予がつくには条件をクリアしなければなりません。 1・・・

記事を読む »

示談にするには

2017年02月21日(火)15:26
示談は刑事事件・民事事件のどちらでも可能です。 似ているもので和解がありますが、実は似て非なるものなのでしっかり区別する必要があります。 とはいえ、ぼんやり内容を理解しているけど詳しくはわからないという方も多いでしょう。 そこで、今回は示談とは?といった基礎から示談の流れまでお伝えします。 示談とは 裁判を利用せず当事者の間で話し合いをして、わだかまりをなくなったことをお互いが確認した状態を指しま・・・

記事を読む »

不起訴処分をとるためには

2017年01月26日(木)12:29
不起訴処分とは無罪ということであり、前科は付きません。 一旦起訴されてしまえば無罪を勝ち取ることは難しく、大変苦しい思いをすることは明白。容疑がかけられてしまったら不起訴を目指すのが一番負担の少ない道です。 今回は不起訴について詳しくお伝えしましょう。 起訴と不起訴とは 起訴 起訴とは、ある刑事事件について検察が裁判所にお願いして、有罪・無罪や判決を求める会議を開催するようなイメージです。 日本の・・・

記事を読む »

保釈されるためには

2017年01月26日(木)11:52
保釈されれば家に帰れるだけでなく、通勤や通学も可能など、本来の生活が帰ってきます。 ただし、申請されれば誰でも、すぐに保釈される訳ではありません。 ここでは保釈のポイントについて詳しくお伝えします。 保釈の種類 権利保釈(必要的保釈) 刑事訴訟法第89条で定められた権利であり、保釈請求権者が保釈を請求した場合は基本的に認められます。 しかし、6事由に該当すると認められないので確認していきましょう。・・・

記事を読む »

講演会の様子

カテゴリー