昨年まで支給されていた退職金が,今年から突然支給されないことになりました。就業規則に退職金の規程はありません。

2017年01月15日(日)17:08

退職金は,会社側の任意で定められている制度です。退職金制度を設けることに法律上の義務はありません。
退職金について,就業規則に記載されてはじめて会社の義務となります。支給の要件や計算方法等も就業規則で定められます。
そのため,就業規則に規程がない場合は,会社に対して退職金を請求していくことは原則としてできません。

ただし,退職金が長期間にわたって繰り返し支払われており,労使双方にそれが当然だという認識がある場合等,退職金を支払うことが実質的に労働契約の内容になっていると認められるような場合には,退職金の請求が認められます。

ですので,就業規則に退職金に関する定めがない場合でも,「昨年まで退職金が支払われていた」というような場合には,これまで通り退職金を支払うよう会社側に請求できる可能性があります。

~もっと詳しく~

未払い退職金を請求するための手順と退職金が払われる条件

 

餅は餅屋というように、法律のスペシャリストである弁護士に任せるのが一番の近道です。
お困りのことがあれば大阪中央区の労働問題に強い当事務所が力になります!どんなことでも、まずはお気軽にご相談ください。

 

労働問題についてのQ&Aに戻る
2.未払い給与や退職金についてに戻る
労働問題のご相談に戻る
トップページに戻る

 

  |  

講演会の様子

カテゴリー