記事一覧

痴漢事件の弁護プラン

2017年01月17日(火)15:53
痴漢の容疑をかけられても、弁護活動によっては前科がつきません。 警察から犯罪を疑われているとしても、ご相談者様に前科をつけないためには、検察官から不起訴処分を獲得するのが第一の方法です。 まず、痴漢事件には、都道府県が制定する迷惑行為防止条例違反に該当する事件と、刑法上の強制わいせつに該当する事件の二つのタイプがあります。条例違反の痴漢事件であれば、刑事事件に強い弁護士を通じて被害者と示談を締結す・・・

記事を読む »

盗撮の弁護プラン

2017年01月17日(火)16:02
盗撮・覗き見の容疑をかけられても、弁護活動によっては前科がつきません。 警察から犯罪を疑われているとしても、ご相談者様に前科をつけないためには、検察官から不起訴処分を獲得するのが第一の方法です。 まず、盗撮行為は、電車やデパートなどの公共の場所で行った場合は、都道府県の制定する迷惑行為防止条例違反に該当し、個人宅など公共の場所以外での盗撮行為は、軽犯罪法違反に該当する可能性があります。いずれの場合・・・

記事を読む »

公然わいせつ事件の弁護プラン

2017年01月17日(火)16:04
公然わいせつの容疑をかけられても、弁護活動によっては前科がつきません。 警察から犯罪を疑われているとしても、ご相談者様に前科をつけないためには、検察官から不起訴処分を獲得するのが第一の方法です。 まず、ご相談者様が公然わいせつをしたことを自白している場合(認めている場合)は、刑事事件に強い弁護士を通じて検察官に反省を訴え、起訴猶予による不起訴処分を獲得していくことになります。例えば、公然わいせつは・・・

記事を読む »

強制わいせつ事件の弁護プラン

2017年01月17日(火)16:07
強制わいせつの容疑をかけられても、弁護活動によっては前科がつきません。 警察から犯罪を疑われているとしても、ご相談者様に前科をつけないためには、検察官から不起訴処分を獲得するのが第一の方法です。 強制わいせつ事件の場合は、刑事事件に強い弁護士を通じて被害者の方に謝罪の意思を伝えて賠償を尽くし、結果、不起訴処分を獲得することができます。したがって、強制わいせつ事件においては、刑事事件に強い弁護士によ・・・

記事を読む »

強制性交等事件の弁護プラン

2017年01月17日(火)16:11
強制性交等の容疑をかけられても、弁護活動によっては前科がつきません。 警察から犯罪を疑われているとしても、ご相談者様に前科をつけないためには、検察官から不起訴処分を獲得するのが第一の方法です。 強制性交等事件の場合は、刑事事件に強い弁護士を通じて被害者の方に謝罪の意思を伝えて賠償を尽くし、結果、不起訴処分を獲得することができます。したがって、強制性交等事件においては、刑事事件に強い弁護士による示談・・・

記事を読む »

児童買春などの容疑をかけられてしまっても、弁護活動によっては前科がつきません。   警察から犯罪を疑われているとしても、ご相談者様に前科をつけないためには、検察官から不起訴処分を獲得するのが第一の方法です。 18歳未満の児童と性的関係を持ったケースでは、まず、自分の性欲を満たすためだけに児童と性交等を行った場合は、都道府県が制定する青少年育成条例に、次に、児童に対価を支払って性交等を行っ・・・

記事を読む »

警察から犯罪を疑われているとしても、弁護活動によっては前科がつきません。   警察から犯罪の容疑をかけられているにも関わらず、ご相談者様に前科をつけないためには、検察官から不起訴処分を獲得するのが第一の方法です。 児童ポルノ事件においては、児童ポルノ画像がインターネットのネットワークを通じて転々流通する関係で、児童ポルノを単に所持していただけの場合であっても、児童ポルノを提供した、又は提・・・

記事を読む »

風営法違反事件の弁護プラン

2017年01月17日(火)16:23
風営法違反の容疑をかけられてしまっても、弁護活動によっては前科がつきません。   風営法違反の疑いがかけられている場合は、刑事事件とならないように、問題となっている現在の業務形態を見直す必要があります。 まず、ご相談者様が営む風俗営業が法令に違反している場合で、刑事処分を科すまでに至らないケースでは、行政庁から一定のペナルティを受ける可能性があります。処分の詳細は、違反の具体的内容によっ・・・

記事を読む »

売春防止法違反事件の弁護プラン

2017年01月17日(火)16:55
売春防止法違反の容疑をかけられてしまっても、弁護活動によっては前科がつきません。   警察から犯罪の容疑をかけられているにも関わらず、ご相談者様に前科をつけないためには、検察官から不起訴処分を獲得するのが第一の方法です。 売春防止法においては、売買春の行為それ自体は処罰の対象になりません。したがって、売買春を行った本人が、警察から取り調べを受けたとしても、それはあくまで「参考人」としての・・・

記事を読む »

講演会の様子

カテゴリー