記事一覧

風営法違反事件の弁護プラン

2017年01月17日(火)16:23
風営法違反の容疑をかけられてしまっても、弁護活動によっては前科がつきません。   風営法違反の疑いがかけられている場合は、刑事事件とならないように、問題となっている現在の業務形態を見直す必要があります。 まず、ご相談者様が営む風俗営業が法令に違反している場合で、刑事処分を科すまでに至らないケースでは、行政庁から一定のペナルティを受ける可能性があります。処分の詳細は、違反の具体的内容によっ・・・

記事を読む »

講演会の様子

カテゴリー