記事一覧

殺人事件の弁護プラン

2017年01月17日(火)17:38
殺人の容疑をかけられてしまっても、弁護活動によっては殺人の容疑を晴らすことができます。   刑事手続きにおいては、実際には殺人罪を犯していないにも関わらず、殺人の容疑をかけられてしまう場合があります。また、暴行の結果、相手が死んでしまった場合は、法律的には傷害致死罪が成立しますが、捜査の現場では、殺人罪の事件として取り扱われてしまう場合があります。 このような場合には、刑事事件に強い弁護・・・

記事を読む »

講演会の様子

カテゴリー