株主総会運営

2017年09月03日(日)16:40

株主総会は、レピュテーションを向上させる場でもあります。近年、株主総会における株主の発言は増加傾向にあります。ですので、株主からの質問に対して、説得力ある回答をすれば、会社の評価を高めることに繋がります。

さらに、株主総会においては、取締役会が提出する議案が可決されることが重要です。株主構成の変更等により、安定株主だけで決議に必要な議決権数を確保できていない場合、取締役会として提出した議案が可決されるよう、最大限の努力をする必要があります。加えて、株主総会においては、濫用型の株主に株主総会を蹂躙されないことが重要です。
近年では、総会屋は目立たなくなりましたが、会社とのトラブルを抱えている人達によって、株主総会が攪乱されないように対応する必要があります。これらの目標を達成しつつ、株主総会の準備・運営をするためには、弁護士のサポートが必要不可欠です。

株主総会の準備としては、株主総会に提出する議案の検討、招集通知・シナリオ・想定問答の作成等が重要となります。このいずれについても、事前にリーガルチェックを行うことで、適法な内容であるか、最新の法律改正に対応できているかといった点の確認ができます。あなたのみかた事務所では、会社法・金融商品取引法といった法律、証券取引所の規則等の改正を常にフォローし、最新の法令等に基づき、適法な株主総会を運営できるよう、リーガルサービスを提供致します。

 

  |  

講演会の様子

カテゴリー