不祥事対応・内部通報制度の通報先等

2017年09月03日(日)16:42

企業内では、経営上のリスクとなる様々な問題が常に発生していますが、企業内部で起こる法令・倫理違反を、経営者の指揮系統に基づく管理だけで全て把握することは、ほとんど不可能です。そこで、潜在する経営リスクを発見し、問題が大きくなる前に、自浄作用によって解消するためには、経営者の指揮系統とは別ルートのシステムとして、内部通報制度が不可欠の手段といえます。

しかし、窓口担当者として適任者を選定しても、他の業務と兼任することが多く、内部通報業務に専従することが難しく、社内窓口では、通報者が特定されることを懸念し、内部関係者が通報を躊躇してしまい、内部通報窓口を担当する従業員の負担が大きく、そもそも企業内で窓口担当者としての適性を備えた者を選定することが難しくなっています。不祥事対応の内部通報制度の窓口設置をすることで、通報者の保護を厚くして内部通報がしやすくなる環境を整備することができます。

企業法務(顧問弁護)へ戻る
コーポレートガバナンス・コンプライアンスへ戻る
顧問弁護士をお捜しの方へ戻る
トップページへ戻る

 

  |  

講演会の様子

カテゴリー