雇用契約期間が残っていますが,解雇すると言われました。

2017年01月15日(日)16:46

労働契約法17条では「使用者は,期間の定めのある労働契約について,やむを得ない事情がある場合でなければ,その契約期間が満了するまでの間において,労働者を解雇することができない」と定められています。仮に,使用者と労働者の双方が同意していたとしても,この定めに反した契約を結ぶことはできず,これに反する就業規則の定めは無効となります。また,そのような就業規則に基づいて解雇された場合も,その解雇は無効となります。

なお,ここでいう「やむを得ない事情」とは,たとえば,使用者側は天災事変や会社の倒産等,労働者側は病気,傷病等のことをいいます。使用者は,このようなやむを得ない事情がない限り,契約期間中に労働者を解雇することはできません。

 

餅は餅屋というように、法律のスペシャリストである弁護士に任せるのが一番の近道です。
お困りのことがあれば大阪中央区の労働問題に強い当事務所が力になります!どんなことでも、まずはお気軽にご相談ください。

 

労働問題についてのQ&Aに戻る
1.不当解雇や退職についてに戻る
労働問題のご相談に戻る
トップページに戻る

 

  |  

講演会の様子

カテゴリー