「退職届を提出しないと懲戒解雇にする」と言われ,仕方なく退職届を出してしまいました。

2017年01月15日(日)16:51

退職届を書くまでの過程に違法な強要があったり,懲戒解雇となるような事由がないにもかかわらず,それがあるかのように思いこませて退職届を書かせたりした場合には,退職届の無効や取消を主張できます。

退職届は,労働者の側から雇用契約を一方的に解約するという意思表示であり,使用者に到達した時点で効力が発生するため,撤回することはできないのが原則です。
しかし,退職強要などによって労働者の自由な意思が阻害された状態で書かれた退職届については,その無効や取消を主張することができます。
たとえば,使用者が労働者に強い心理的な圧迫や言動を加えて無理やり退職金を書かせた場合には,強迫による退職届の取消が認められます。懲戒解雇にすることをほのめかしているにもかかわらず,実際には懲戒解雇にするような解雇事由がないような場合には,錯誤や詐欺によって退職届の無効,取消が認められることがあります。


~もっと詳しく~

退職勧奨とは|会社が退職を勧める退職勧奨の手口と対処法

 

餅は餅屋というように、法律のスペシャリストである弁護士に任せるのが一番の近道です。
お困りのことがあれば大阪中央区の労働問題に強い当事務所が力になります!どんなことでも、まずはお気軽にご相談ください。

 

労働問題についてのQ&Aに戻る
1.不当解雇や退職についてに戻る
労働問題のご相談に戻る
トップページに戻る

 

  |  

講演会の様子

カテゴリー