配偶者のいる人と不貞行為をしてしまい,相手の配偶者に知られてしまいました。請求されている慰謝料が高くて支払えません。

2017年01月15日(日)18:07

まずは,請求されている金額が妥当なのか吟味する必要があります。

不貞行為の際,夫婦関係がすでに破綻していた場合は,そもそも慰謝料を支払う必要がありません。不貞行為の後,夫婦が離婚に至っていない場合では,慰謝料の金額が100万円を大きく下回る可能性があります。夫婦が離婚してしまった場合でも,慰謝料の相場はおよそ100万円から300万円です。婚姻期間や不貞期間・回数,その他の諸事情によってさらに減額される可能性もあります。詳細は弁護士に相談することをおすすめします。

また,不貞行為は,不貞配偶者とあなたとの共同責任となります。あなたが慰謝料を200万円支払った場合には,その責任割合に応じた金額(6割であれば120万円)を,不貞配偶者から返してもらうことができます。一般には,夫婦の当事者である不貞配偶者の方が責任が重いと考えられています。

最終的に合意した金額が一括で支払えない場合には,長期の分割による支払にしてもらうなどの方法もあります。

 

餅は餅屋というように、法律のスペシャリストである弁護士に任せるのが一番の近道です。
お困りのことがあれば大阪中央区の離婚問題に強い当事務所が力になります!どんなことでも、まずはお気軽にご相談ください。

 

離婚問題についてのQ&Aに戻る
3.財産分与と慰謝料についてに戻る
離婚問題のご相談に戻る

トップページに戻る

  |  

講演会の様子

カテゴリー