妻からたびたび暴力を振るわれてしまいます。女性からの暴力はDVと認められないのでしょうか?

2017年01月21日(土)18:26

女性からの暴力でも,十分DVとして認められます。DVには明確な定義がありませんが,一般的には,「夫婦などの親密な関係で行われる身体的・精神的な暴力」を意味するとされています。DVというと男性側からの暴力をイメージされる方が多いですが,男女の区別なく,このような暴力が行われればDVに該当すると考えられています。DV防止法も,正式には「配偶者からの暴力の防止及び被害者の保護に関する法律」という名称であり,これは当然に妻側の暴力も含んでいます。

女性の暴力であっても,傷害罪や暴行罪が成立しますし,民事上の損害賠償責任を負います。また,「婚姻を継続しがたい重大な事由」として,離婚原因にもなります。

DVがひどい場合には,裁判所の力を借りて,あなたや同居のお子さま,ご家族に接近させないように命令したり,電話などを禁止したりすることも視野に入ります。

~もっと詳しく~

DV妻の特徴と妻のDVを防止するために知っておくべき対策

 

餅は餅屋というように、法律のスペシャリストである弁護士に任せるのが一番の近道です。
お困りのことがあれば大阪中央区の離婚問題に強い当事務所が力になります!どんなことでも、まずはお気軽にご相談ください。

 

離婚問題についてのQ&Aに戻る
4.DV問題に戻る

離婚問題のご相談に戻る

トップページに戻る

  |  

講演会の様子

カテゴリー