内部統制システムの整備

2017年09月03日(日)17:02

近年、企業の不祥事が従業員等の内部関係者による外部への通報によって公になり、企業経営に深刻なダメージを生じさせる例が多く見受けられるようになっています。
企業経営におけるコンプライアンスの徹底が叫ばれる中、企業は、法令のみならず、広く社会が求めるルール・倫理の遵守に努めなければなりません。
法令違反による信頼の失墜は、株価の下落、取引の停止等極めて重大な経営上の支障を来たします。

企業内では、経営上のリスクとなる様々な問題が常に発生していますが、企業内部で起こる法令・倫理違反を、経営者の指揮系統に基づく管理だけで全て把握することは、ほとんど不可能であり、潜在する経営リスクを発見し、問題が大きくなる前に、自浄作用によって解消するためには、経営者の指揮系統とは別ルートのシステムとして、内部通報制度が不可欠の手段といえます。あなたのみかた法律事務所では内部通報制度の窓口を設置するなど、守秘義務に基づく徹底的な情報管理により、通報者の保護を厚くし、内部通報をしやすくする環境を作ることができます。内部通報制度は、法令・倫理違反の抑止、社員満足度・企業価値の向上に効果的です。

企業法務(顧問弁護)へ戻る
コーポレートガバナンス・コンプライアンスへ戻る
顧問弁護士をお捜しの方へ戻る
トップページへ戻る

  |  

講演会の様子

カテゴリー