病気により会社を2ヵ月間休んだところ,会社から「休職期間が終了したから解雇する」と言われました。

2017年01月15日(日)16:40

まず,病気の原因が業務にある場合には,労働基準法により,原則として療養のために休業する期間およびその後30日間の解雇が禁止されています。ただし,例外として,3年経っても回復せず復職しない場合には,会社は打切り保障(労働基準法81条)をすることによって労働者を解雇することができます。また, 天災事変やその他のやむを得ない事由のために事業の継続が不可能となった場合にも,業務が原因で病気になった労働者を解雇できます。

ですので,病気になった原因が会社での業務だった場合には,一方的に解雇を言い渡されても,それに応じる必要はありません。

しかし,業務とは関係のない原因で病気になった場合には,就業規則などに定められた休職期間が経過しても病気が「治癒」していなければ,会社は従業員の復職を認めず解雇することが可能です。なお,裁判例では,「治癒」を,「休職前の職務を通常程度に行える健康状態へ復したこと」としています。

ですので,病気の原因が業務と関係のない場合,休職期間である2ヵ月間休んだ後に,休む前の職務を問題なく行える程度回復していれば復職が認められるので,辞める必要はありません。しかし,回復してきてはいるものの,まだ休業前の職務を行えるまでには回復していない場合は,復職が認められない可能性もあります。

 

餅は餅屋というように、法律のスペシャリストである弁護士に任せるのが一番の近道です。
お困りのことがあれば大阪中央区の労働問題に強い当事務所が力になります!どんなことでも、まずはお気軽にご相談ください。

 

労働問題についてのQ&Aに戻る
1.不当解雇や退職についてに戻る
労働問題のご相談に戻る
トップページに戻る

 

  |  

講演会の様子

カテゴリー