夫はまだ退職していませんが,今離婚しても退職金が財産分与の対象となるのでしょうか?

2017年01月15日(日)17:54

任意に夫が応じる場合には問題ありませんが,裁判手続において分与の対象となるかはケースバイケースです。

というのも,将来の退職金(の額)は,退職に至るまでの見込年数が長いほど,不確定な要素によって左右されることになるからです。

この点に関して,これまでの裁判例によると,退職するまでの期間や勤務先の退職金規定などの事情から,退職金が将来支給されることがほぼ確実である場合には,財産分与の対象として認められる傾向があるようです。

ただし,実際にどのように分けるかは過去の裁判例でもさまざまです。
離婚時点で分けることを命じたものもあれば,将来支給されたときに分けることを命じたものなどもあります。


~もっと詳しく~

熟年離婚の財産分与で退職金を獲得する為に知っておく手段

 

餅は餅屋というように、法律のスペシャリストである弁護士に任せるのが一番の近道です。
お困りのことがあれば大阪中央区の離婚問題に強い当事務所が力になります!どんなことでも、まずはお気軽にご相談ください。

 

離婚問題についてのQ&Aに戻る
3.財産分与と慰謝料についてに戻る
離婚問題のご相談に戻る

トップページに戻る

  |  

講演会の様子

カテゴリー