会社が解雇の理由を教えてくれません。

2017年01月15日(日)16:37

労働基準法では,解雇の予告をされた日から退職の日までの間であっても,労働者が解雇の理由に関する証明書,「解雇理由証明書」を請求した場合,使用者は遅滞なくこれを交付しなければならないと定めています。会社側は,この解雇理由証明書の中で解雇理由を具体的に明示する必要があります。

ですので,解雇の理由を明らかにしない場合,会社に対して解雇理由証明書の交付を請求しましょう。その内容が,客観的に合理的な理由を欠き,社会通念上相当であると認められない場合,会社による解雇は,権利の濫用として無効になります。

労働者の交付請求があるにもかかわらず,会社側が解雇理由証明書を交付しない場合,解雇の合理性を否定する重要な要素になると考えられますし,労働基準法違反として労働基準監督署への通告対象になります。

 

餅は餅屋というように、法律のスペシャリストである弁護士に任せるのが一番の近道です。
お困りのことがあれば大阪中央区の労働問題に強い当事務所が力になります!どんなことでも、まずはお気軽にご相談ください。

 

労働問題についてのQ&Aに戻る
1.不当解雇や退職についてに戻る
労働問題のご相談に戻る
トップページに戻る

  |  

講演会の様子

カテゴリー